対象が幼稚園児からとなっていますが年中では早すぎるのでしょうか?

幼稚園児に対しては「ラグビー」の指導というよりも、カラダ全体を思い切り使い、大きな声を出して走りまわってもらうことに主眼をおいています。
里山探検、虫取りなどを取り入れ、小さな子でも楽しみながら自然にカラダを動かすよう工夫しています。
年少、年中でも早すぎることはありません。